◆Menu◆
当サイトの活用方法!<必ずお読みください> コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅰ>
コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅱ> コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅲ>
コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅳ> コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅴ>
コレが全ての基本<馬の本能と競馬 ~最終章~>  
Ferretアクセス解析 無料相談 占い情報サイト 登録無料!参加費のみの結婚活動ならクラブチャティオのパーティで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレが全ての基本<馬の本能と競馬 ~最終章~ >

『競馬はどうして成立するの?』
『競馬では、どうして馬がちゃんとスタートと同時に走り出し、お互いに競り合って競争してくれるの??』

についてですが、


それは、

『集団行動をとる習性のある馬たち(サラブレッド)は、、レースの際、瞬時に一つの群れと化し、リード・ホースが現れると同時に序列が出来上がり、全ての競走馬がその「群れ」の中で同じ行動をとるため、レースは一つにまとまり、同じ方向を向いて走ることになる。したがって、競馬が成立する。」

ということになります。


そして、

『猫のレースは何故レースにならなかったのか』
↓↓↓
『猫にはレースを走る動機がなかったから』

については、




『猫は集団行動をとらないため、もともと群れという意識がない。例え、他の猫たちが自分を置いて先に走っていったとしても自分がそこに追いつかなければならないという「不安感」という動機が猫にはない。したがって猫のレースはレースにならなかった。』

というわけです。










いやぁ、ようやくここまでたどり着きましたね。


ただ・・・・


まだ、疑問点がありますよね?









まとまって、同じ方向を向いて走るのは本能としてわかったけど、それじゃあ競争にならないじゃないか。







・・・・・






ごもっとも!!

これだけでは競争になりません。




では続いて馬たちが競走し、競馬が競馬となる仕組みを次の章で紹介していきます。

競争の原理を馬の目線で知ることで、競争心理の強い馬(つまり潜在的な勝ち馬)を見抜くことができます。
スポンサーサイト

コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅴ>

さあ、いよいよこの章も架橋に入り、これまでいくつか提示してきた「謎」が解き明かされていく段階まで来ました。







最初に注目しなければならないのは、馬というものは元来群れをなし、集団でで行動する動物であり、単独行動ができない臆病な面を持っているということです。

走る・休む・草を食うなど、馬の行動は見事なほどに全て集団行動です。



馬は孤独に非常に弱く、単独になると精神的には不安定になります。

そして、群れの中にいる相方に頼りたがる習性を持っているのです。



この”集団で行動する”習性は、身を守るための彼らの習性「逃げる」「蹴る」「噛む」と同様に競馬のサラブレッドの中にも染み込んでいます。


そして、馬が集団行動を望み、「頼る」という特徴的な習性が、競馬を競馬たらしめる重要なファクターなのです。


つまり、


「頼る」という習性が、競馬において、その依頼心を利用して人と馬の付き合いを可能にしたということです。



馬は先ほどの猫同様に知的にも優れた動物で、納得すれば人の命令にも服従します。


そして、人が馬の気持ちを察して付き合っていけば、馬も人の気持ちがきっとわかるのです。

だからこそ、競馬において騎士と競走馬との深い関係を築いていくことができるのでしょう。



また、この集団行動をする習性が競馬を競馬たらしめるということは既に述べましたが、



それはつまり、競馬においてあの猫のレースのようにならないのが、この習性のおかげと言えるのです。



少し、噛み砕きます。




競馬においては、この集団行動をする習性があるからこそ、


例えば、レースで少し遅れ始めた馬がいた場合、その馬は孤独になる不安感にかられて必死に群れ(レース集団)に戻ろうとします。


それと、同時に競馬においては、レースの中に順位というはっきりした「序列」が出来上がります。


すると、そのトップに君臨する競走馬は自動的にリード・ホース(リーダー)となるのです。



競馬での主役は競走馬であり、そして馬が集団行動をする動物であるからこそ、その中にはボスの存在が不可欠になり、集団に序列ができることになります。


競走馬たちが、こうして瞬時に序列をつくり、つまりは「群れ」を作ることでレースが統制され、一つにまとまり、結果として、猫の場合と異なり、競馬のレースで全ての馬は、同じ方向を向いて走るのです。





さあ、どうですか?


少しずつ謎が解けてきました。


ここまでで得られた情報をまとめましょう。

まず、はじめに提示した質問を確認します。


『競馬はどうして成立するの?』

でしたよね?

これを、

『競馬では、どうして馬がちゃんとスタートと同時に走り出し、お互いに競り合って競争してくれるの??』

と言い換えたりしてました。


そして、

『猫のレースは何故レースにならなかったのか』

さらに、その理由として

『猫にはレースを走る動機がなかった』

と申しましたが、それはどういう意味なのか。




はい・・・・・・




既にわかったことと、わからないことがありますね。


では、わかったことを次の記事でまとめていきますよ。


◆次の記事◆→ ⑦コレが全ての基本<馬の本能と競馬 ~最終章~ >


100万円はコチラ!!



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅳ>

そう、

「猫にはレースを走る動機がなかった」

のです。


そこが馬と、猫や他の動物との違い。


これをこの先の記事で理解することが競馬理論を知る第一歩です。





それでは、ここからは少し文章が理屈っぽくなります。


・・・というか、内容の密度を上げていきますので、そのつもりで読み進めてください。






◆<馬の本能と競馬>◆

まず、競馬を定義しておきます。

『競馬とは、サラブレッドという動物が持つ走力、および闘争本能を利用して行われる競技である』

ここで重要なのは、競馬が闘争本能を利用した競技であり、以前にも述べましたが、

つまり、

『競馬場のレースと大草原の野生馬の疾走は本質的に同じもの』

ということです。



サラブレッドは人間が作り上げた動物ですが、野生馬であった先祖から受け継いだ

野生の本能や習性は失われてはいません。



馬という動物が持って生まれた馬特有の習性や本能があるということです。


馬産家にとっても調教師にとっても馬主にとっても、そして競馬の知識を深め、競馬理論を学ぼうとここまで読み進めていただいた皆さんにとっても同じように、競馬の主役がサラブレッドであるからには、

馬が生来持っている習性や本能を知るということは


競馬そのものを知ることに他なりません。



では、競馬そのものを知り、競馬というものの全体を見渡すために、サラブレッドという動物の習性や本能について触れて行きます。

◆次の記事◆→ ⑥コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅴ>


100万円はコチラ!!

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅲ>

では、猫の例の解説です。




猫たちは、走る訓練を受け、ある程度のレベルを有してレースにエントリーしたわけです。


しかし、結果は前の記事の通り。






なぜ、このようなことが起きたのでしょう。




猫が単に身勝手がだから?

それも一つの理由でしょう。




臆病だったから?

それも言えるかもしれません。




訓練が不十分だったから?

それは違います。




違う!?
いいや、訓練が足りなかったと言わざるをえないじゃないか!!





・・・



そう感じるのも当然です。

しかし、「訓練が足りなかった」という説明をもう少し正確に訂正するのなら





そもそも

「訓練しても無駄だった」

となるのです。




・・・・・・




前回の記事での内容から矛盾を感じますか?



いいえ、


猫は確かに、走らせる「しつけ」ができるだけの知能を持った動物です。






では、「無駄だった」とはどういう意味なのか。






それは、



「猫にはレースを走る動機がなかった」



のです。


◆次の記事◆→ ⑤コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅳ>


100万円はコチラ!!

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅱ>

さて、今回は<馬の本能と競馬>の深い関係について理解していきましょう。

これは、競馬理論を理解する上で土台となるものですから、しっかりと読み込んでください。

ただ、言葉はできるだけ簡単に、そして理解した内容はすぐに実践で使用できるよう工夫して書きました。



ではまず、皆さんに一つの質問を問うてみたいと思います。

正確に答えられる方がどれほどいらっしゃるでしょうか。







『競馬はどうして成立するの?』

言い換えれば、

『競馬では、どうして馬がちゃんとスタートと同時に走り出し、お互いに競り合って競争してくれるの??』

ってことです。



さあ、どうでしょう。

きちんと答えられますか?


もちろん、「簡単じゃん」「当然アレですよ」と、答えられる方もいらっしゃるとは思いますが、

特に競馬初心者の方は、明確な答えがないのではないでしょうか。




では、答えです・・・・


と、言いたいところですが、もう少し我慢しましょう。


その答えは、この先を読み進めていただければ徐々にわかってきます。

読み進めてイメージをつけながら、読み終えたときに心から理解できていることを目指していきましょう。


この章は、全ての基本であり、最重要な知識ですから。






まず、前提として申し上げたいことは

『競馬場のレースと大草原の野生馬の疾走は本質的に同じもの』

ということです。


競馬とは、人間が馬を調教し、人間が背中に乗り込んで、人間が操作することでレースを成立させるものであり、かなり人為的(人間主導)の競技のように思われます。

ただ、その考え方が完全な間違いではないにしても、やはりそこには誤解があるのです。




たとえば、猫の話をしましょう。

馬と違って猫は、かなり小さいですから人が乗込むことはできません。

ですから、ここからは猫が人が乗込めるほどの大きさをイメージしながら聞いてください。(だいたい馬と同じくらいの大きさをイメージしていただいたらいいと思います。)


または、ライオンなどを想像していただいてもいいかもしれません。


猫というのは、人間がいわゆる「しつけ」をして、言うことを聞かせることができます。

また、多くの芸を覚えさせることもできます。


つまり、人間が「調教」するにあたって、猫は馬と同様に十分な知能を持っている動物ということができるわけです。


では、実際に猫を「競走馬」ならぬ、「競争猫」にするべく調教をした場合を想像してください。



猫は元来、単独行動を好む動物ですから、簡単に言うとすこし「身勝手」な傾向があります。

調教にあたっては、馬よりも苦労することが多いかもしれません。

それでも、なんとか猫のストレス状況にも配慮しながら、広場なんかに連れて行ってトラック訓練をするわけです。

当然、猫の調教はしつけとしては可能ですから、一匹であればカタチとして「競争猫」を作ることはできます



ただし、本質はそこではありません。





注目すべきは、レース本番。






数匹の猫が、レーンに並びます。

会場は期待と興奮に満ちています。

レースを走る猫たちも、会場の雰囲気を感じて気が引き締まります。(これは筆者の勝手な感情移入ですが)


さあ、いよいよレースの時間です。


・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・


ドンッ!!



さあ、猫たちがいっせいに走り出します!!


・・・






・・と同時に  ???











会場にざわめきが起きます。



そして・・








野次が飛びはじめます。





「ブーブー」


「ちょっと、どういうこと!?」


「金返せ~」


「バカ猫ども!しっかりやれ~!!」
















猫たちの状況を実況しましょう。



まず、第一レーンの猫はスタートと同時に、全力疾走しています。


他の猫のことなど目もくれず、まさに自分の意思のみで走り続けるのです。



第二レーンの猫もまた、全力で駆けていきます。



・・・




しかし、突然第二レーンの猫は減速しはじめました。


会場の歓声が気になったのでしょう。

観客席のほうをチラチラ横目で見ながら、それでもなんとか走っています。


騎士も一生懸命に猫の注意をレースに戻そうと必死です。





一方、第三レーンの猫は、まだスタートラインにいます。



会場のざわめきと熱気で怖気づいて動くことができません。



周りの猫が遠ざかって行くのを見ても特に気にする様子もないのです。





その頃、やっぱり第一レーンの猫は、ただ一匹まっすぐに走り続けます。








第四レーンの猫はもう歩きはじめました。



根本的にスタミナが無いようです。












では、その他の猫はというと・・・










・・・








走ってはいるものの、途中で止まってはまた動き出し、止まってはまた動き出すを繰り返す猫。




途中まで走って逆走をはじめる猫。




パシパシと鞭打つ騎士とケンカをはじめる猫。




猫同士のケンカもはじまりました。







・・・・・







全くレースになりません。





一匹の猫を訓練するときには、きちんと走っていたんです。



しかし、レース本番となると猫たちは、それぞれ「自分の道」を行き始めたのです。






それでは、今挙げた例の解説を始めます。



次の記事④を読み進めてください。



◆次の記事◆→ ④コレが全ての基本<馬の本能と競馬Ⅲ>


月50万円 競馬生活はココ!!

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

競馬 独占情報入手 完全無料

Author:競馬 独占情報入手 完全無料
競馬初心者が、競馬を始めるにあたって、日本で最もわかりやすい競馬の理論を日々更新していきます。

本当に基礎から理論解説を行うので、初心者や、本気で理論を学び直したい方は是非、ご訪問下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。